クラシックファイルタイプは、2021年1月をもって使用不可となりました。クラシックファイルを移行するか、PDFをダウンロードすることができます。 詳細を見る

Wdataの概要

この記事は役に立ちましたか?
14人中14人がこの記事が役に立ったと言っています
Wdataを使用すると、複数のソースからWorkivaプラットフォーム全体を対象に、以下のような形でデータの接続と統合を行うことができます。 1 テーブル 、複数のソースからデータをキュレートする 2 クエリ 、接続され...